空き巣の手口を知ることで、空き巣の防犯対策が可能となります。

空き巣被害について
空き巣被害について

空き巣被害について

空き巣被害について

ここ数年、空き巣被害は減少傾向にあると言われています。
しかし、それでも未だに多くの方の住まいが空き巣被害にあっています。
快適な住まいを手に入れるためにも空き巣や泥棒への対策が必要です。
空き巣の侵入手口としてイメージされやすいのは鍵穴ピッキング法だと思います。
しかし、それ以外にもカム送り解錠やガラス破り、サムターン回しなど様々な手口があります。
空き巣被害への対策にはこのような手口を知ることが大切です。
一昔前の空き巣は鍵をかけ忘れた玄関や窓などから侵入していましたが、最近ではピッキングやサムターン回しや錠破りなど戸締りをしてある玄関の鍵を開場して侵入する方法を様々考え出しています。
窓ガラスを割る方法も三角割り、突き破り、焼き破りなど様々あります。
特に最近多発しているのは、焼き破りという方法です。
これは、ライターの火などで窓ガラスの錠のクレセントの周りのガラスを焼いて破ります。
これは昔から使用されていた手口ですが、最近では小型ガスバナーなどを使って短時間で侵入することが可能になってしまったので、ガラス破りによる被害が増えているようです。
通常のガラスであれば10秒〜15秒ほどでガラスを破ることができるようです。

Copyright (C)2016空き巣被害について.All rights reserved.